【就活エージェント】エージェントに登録するメリット3選

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。

こんにちは、くるみんです。

今回は、【就活エージェント】について書いていきたいと思います。

就活についての関連記事はこちらです。

私のおすすめは「UZUZ就活!」
学生一人一人に寄り添ってくれる就活のプロが、志望企業への内定に近づけてくれます。

\内定率85%!就活エージェントを使うなら/

読みたい所をタップ!

エージェントって何?

エージェントとは、就活生がプロと相談して、自分に合った会社を紹介してくれる人・会社のことです。

(就活生目線でみると、エージェントというのは人材会社のような立ち位置です)

「就活で活かせる自分の強みって何だろう」
「就活って何すればいいの…?」

といった悩みの相談から、エントリーシートの添削・面接対策までしてくれて、内定まで完全無料で使えます。

エージェント会社によっては内定後・入社後のサポートとして面談や学生同士の交流会を行っているところもあります!

学生にとってはメリットが大きいサービスになります。

よくある質問

本当に無料で使える?

無料で使えます。

私も最初は『よくできたサービスすぎて怪しすぎない…??』と疑っていましたが、オンラインで面談できるところもあり、対面の場合でも親身に話を聞いてくれました。

私の場合は結局エージェント経由で入社した会社ではありませんでしたが、○○会社の書類添削や面接対策お願いしたいです、と公式ラインで相談すると、日にちを決めてくれて1時間くれたこともあります。

少し良心は傷つきますが、エージェントが扱っている会社でなくとも、登録して何らかのサービスに申し込めば就活対策にはなるのです。

休日にエージェントから連絡入るときはある?

結論、しつこいです(笑)

私が登録していたのは4社くらいでしたが、総合して電話は1週間に3.4回はかかってきます。

平日のお昼に電話がかかってくることが多く、ネットで電話番号を調べると大概エージェントです。

ブロックしても違う番号からかけてくるのが厄介なので、本当に迷惑な人は1回だけ出て以降の電話を断る方が無難だと思います。

大学4年の12月くらいまでは電話がありましたし、入社後も『会社辛くないですか?第二新卒で転職しませんか』などのメールまできて、執念がすごいなあと思いました(笑)

検索すると「エージェント 怪しい」と出てくるのはなんで?

エージェントの最終目的は、『求職者を企業に入社させること』です。

エージェント(人材会社)の儲け方は、「学生(求職者)を入社まで繋げて企業から紹介料としての報酬をもらう」ということです。

極端なことを言えば、報酬目当てで大量採用して人を使い捨てるような超ブラック企業を紹介して内定までのハードルを下げ、入社まで至ればエージェントは大儲け・学生はブラック企業に入り「こんなはずではなかった…」と後悔するパターンも当然あり得ます。

本当に学生のことを考えてくれるエージェントや担当者さんを見極めることが重要です。

〈体験談〉使ってよかったエージェント

ここからは、よく聞くエージェントさんと私が使っていた名古屋のエージェントの内容を紹介します!

私が登録したもので説明すると、勝手に名付けて「全国型」・「地元型」の大きく2種類に分けられると思います。

全国型

『就活エージェント』と検索すると、

就活エージェントneo
マイナビ新卒紹介

…などと出てくると思います。

こういったものは、全国展開している企業で、総合職を進めてくる場合が多いです。

(地元就職ももちろん応援してくれますし紹介はしてくれるのですが、ちょっと条件が悪かったりします。)

私も就活エージェントneo・JAIC(ジェイック)・キャンパスキャリア等に大学3年の秋頃に登録しました。

おそらくエージェントを登録するのもかなり早かったのもあり、早すぎてエージェント側も「まだ取り扱う企業が少ないんだよね…」と本音を漏らしていました。

特に事務職を希望している場合は、大学4年になるまで待たないとエージェント側も求人情報を持っていない場合が多いです。

逆に総合職で、全国転勤OKな人はこういったエージェントを使うといいかもしれません。

地元型

名古屋の一例で、実際に私もお世話になった地元型のエージェントさんを紹介します。

アルファクルーズ(名古屋市瑞穂区)
就活リアル(名古屋市中区)

地元密着型で、転勤なしの求人を扱っている場合が多いです。

どちらの会社も、不定期に交流会を行ってくれました。

アルファクルーズさんは入社前に卒業式の案内があり、これからの活躍を応援してくれたので結構おすすめです。

まとめ

先述した全国型のエージェントは、まだコロナが流行っていたということもありオンラインでの相談しかしていませんでした。

一方地元型のエージェントは、オンラインはもちろん、対面で会いやすいメリットがあります。

よく面談前にアイスブレイクとして担当者が雑談をしてくれるのですが、どこからきたのー?とかあそこのお店美味しいよね!とか結構地元の話題を出してくれて親近感がわいたりします(笑)

私は地元で事務職を探していたので、地元型をよく使っていました!

PR

全国型で総合職を探している場合は、UZUZ新卒or0円就活がおすすめ!

以下の記事でも詳しく紹介しています↓

UZUZ新卒の特徴

特に就活後期に強いと言われているエージェントです!

25卒でまだ内定が決まっていない…出遅れた…という方はぜひ面談だけでもしてみましょう!

  • 入社後半年の定着率95.7%
  • 厳しい自社基準でブラック企業を徹底排除
  • 内定率は約85%

\25卒就活、逆転しよう!/

0円就活の特徴

【プロの就活アドバイザーの紹介&就活に必要な交通費、スーツ代、美容室などの費用が0円になる】

という超画期的でお得に就活を進められるサービスです!

  • 自己PRやガクチカなどの添削・面接指導がずーーーっと無料!
  • 0円就活を使って第一志望に内定した学生も!
  • 公式ラインから企業や面談日程を選べる手軽さ

\0円でお得に就活するなら!/

エージェントを使うメリット3選

メリット① 自分の知らなかった企業に出会える

就活は学生が入社したい企業を探すのが基本ですが、エージェントに登録すると志望する条件にあった企業を紹介してくれます。

「自分でも探しているつもりだったけど、この企業もいいじゃん!」となる可能性があり、就活の幅が広がります!

メリット② 無料で使える

先述した通り、相談から書類添削、面接対策、エージェント会社によっては内定後のサポートがついて、

完全無料で使えます。

学生としてはうれしいポイントですよね。

エージェントが紹介してくれる企業でなくとも、自分が行きたい企業で選考対策をしてほしい場合でも対応してくれます。(特に地元型であれば相談もしやすいです)

メリット③ 選考対策してくれる人が増える

大学のキャリアセンターでも選考対策はできますよね。

私の大学は予約制だったので、ネット上で予約をすればキャリア課の人が15分くらい時間を作ってくれて面接練習などをしてくれました。

しかし、就活のピークである大学3年の夏・大学4年の3月は予約が殺到し、面接本番に予約が間に合わない、ということにもなりかねません。

このようなときにエージェントさんを頼って3日後に面接練習ができたり、書類添削の際も「一度他の人に見てもらって精度を高める」ということができます。

就活では書類添削や面接対策は他の人に見てもらって改善を重ねることが大事です!

番外 就活を終了するときはエージェントにも連絡すること

先述したように、とにかく電話やメールが多いので、無事内定をいただいて就活を終了する際にはエージェントに連絡するなり退会対応を取って対処しましょう。

私が電話した時のセリフはこんな感じです。(しょっちゅう電話くるので受けるときですね)

「お世話になっております、○○大学の△△です。実は先日志望していた企業に内々定をいただいたので、サービスを退会させていただきたいです」

くらいで大丈夫です。

エージェントによっては「もっといい企業紹介しますけど、本当に大丈夫?」

と聞いてきますが、あまり熱意がすぎるのは断った方が無難な気がします。

今後も就活の記事を書いていくので、ぜひ楽しみにしていてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

社会人1年目
・簿記・FP2級保持 つみたてNISA1年目
・大学3年生でホワイト企業事務職に早期内定

20代女子の生活がいつもより少し賢く・楽しくなる工夫を発信します!

コメント

コメントする

読みたい所をタップ!