就活エージェントとは?使わない方がいい?体験談からおすすめを紹介

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。

今回は、就活生のみんなが気になっているであろう「就活エージェント」について詳しく解説していきます。

「就活エージェントって何?」

「怪しいって聞くけど、本当に使った方がいいの?」

そんな疑問に答えていきますね。

私も使った!おすすめエージェントを紹介!

読みたい所をタップ!

就活エージェントって何?

まず基本から!就活エージェントは、就職活動を全面的にサポートしてくれる無料のサービスです。個別に担当のエージェントさんがつき、あなたの希望や適性に合った企業を紹介してくれます。

主なサービス内容は:

  • 企業紹介:あなたにあった企業を厳選して紹介
  • 面接対策:業界や企業に合わせた面接のコツを伝授
  • エントリーシート添削:プロの視点からのアドバイス
  • 業界・企業分析:最新の業界動向や企業の内部情報が分かる

つまり、就活のプロがマンツーマンでサポートしてくれるんです。

もちろん、学生は完全無料で利用できます!

なぜ無料なの?

「そんなにいいサービスなのに、なぜ無料なの?」って思いますよね。

実は、エージェントが学生を企業に紹介して内定が出ると、その企業からエージェントに報酬が支払われるシステムなんです。

だから、学生の方は完全無料です!

みんな使ってるの?人気の理由は?

結論から話すと、明確なデータは見つけられることができませんでした…

しかし、体感上は私の周りでも、「エージェント使ってた!」って人が多いです。

友人に聞いてみると、このような答えが返ってきました。

  • 時間の節約:一人で企業を探すより効率的!
  • 非公開求人や隠れホワイト企業とも出会える
  • 精神的サポート:就活って孤独だけど、エージェントさんが味方になってくれる
  • 業界の最新情報:企業の本音や、業界のトレンドがわかる

リアルな体験談から見る、おすすめエージェント

実際に使った先輩たちの声と私の感想を集めました!

A社(新卒専門):「マイナビやリクナビにはない企業ばかり。面接練習も徹底的にしてくれた。内定、超気に入ってる♪」(経済学部、サオリさん)

B社(ベンチャー特化):「スタートアップの魅力を熱く語ってくれた。今、急成長中の会社で働いてるよ!」(情報学科、ミチルさん)

C社(大手中心)有名企業の内部情報をたくさん知ることができた。でも、私は中小企業志望だから合わなかったかな… 工学部、ケンタくん)

みんな違う目的だからこそ、一概に「ここがベスト!」とは言えません。

私のエージェントを使った体験談とメリット

私は大学3年生の秋~冬にかけて使い始めました。

エージェントを登録するのがかなり早かったらしく、

エージェント側も「まだ取り扱う企業が少ないんだよね…」と本音を漏らしていました。

特に事務職を希望している場合は、大学4年になるまで待たないとエージェント側も求人情報を持っていない場合が多いそうです。

逆に総合職で、全国転勤OKな人はこういったエージェントを使うといいかもしれません。

エージェントを使って感じたメリットはこちら!

自分の知らなかった企業に出会えたこと

就活は学生が入社したい企業を探すのが基本ですが、エージェントに登録すると志望する条件に合った企業を紹介してくれます。

「自分でも探しているつもりだったけれど、この企業もいいじゃん!」

となったこともありました。そういった意味では、就活の幅が広がったと思います。

無料で使える

先述した通り、相談から書類添削、面接対策、エージェント会社によっては内定後のサポートもしてくれるところもありました。

これだけサービスが豊富なのに、完全無料で使えます。

学生としては嬉しいポイントですよね。

エージェントが紹介してくれる企業でなくとも、自分が行きたい企業で選考対策をしてほしい場合でも対応してくれることもありました。

選考対策してくれる人が増える

大学のキャリアセンターでも選考対策ができますが、就活のピークである大学3年の夏、大学4年の3月は予約が殺到し、面接本番に予約が間に合わない、という事になったことがあります。

このようなときにエージェントさんを頼ると、最短で2.3日後に面接練習が出来たり、書類添削の際も

「一度他の人に見てもらったからある程度の精度は担保できている」という自信にも繋がります。

就活では書類添削や面接対策をたくさんの人にやってもらって意見をもらい、改善を重ねることが大切です!

〈体験談〉使ってよかったエージェント

私が登録したものを勝手に名付けて

「全国型」

「地元型」

の大きく2種類に分けて説明したいと思います。

全国型

『就活エージェント』と検索すると、

【就活エージェントneo】

【マイナビ新卒紹介】

…などと出てくると思います。

こういったものは、全国展開している企業で、総合職を進めてくる場合が多いです。

(地元就職ももちろん応援してくれますし紹介はしてくれるのですが、ちょっと条件が悪かったりします。)

私も就活生時代は

エージェントneo

JAIC(ジェイック)

キャンパスキャリア

等に登録していました。

私も使った!最強エージェントはこちら↓

地元型

名古屋の一例をあげると、

【アルファクルーズ(名古屋市瑞穂区)】

【就活リアル(名古屋市中区)】

などがあります。

地元密着型で、転勤なしの求人を扱っている場合が多いです。

どちらの会社も、不定期に交流会を行ってくれました。

アルファクルーズさんは入社前に卒業式の案内があり、エージェント経由以外で内定をもらったのに式に招待してくれてこれからの活躍を応援してくれました。結構おすすめです。

先述した全国型のエージェントは、まだコロナが流行っていたということもありオンラインでの相談しかしていませんでした。

一方地元型のエージェントは、オンラインはもちろん、対面で会いやすいメリットがあります。

よく面談前にアイスブレイクとして担当者が雑談をしてくれるのですが、どこからきたのー?とかあそこのお店美味しいよね!とか結構地元の話題を出してくれて親近感がわいたりします(笑)

私は地元で事務職を探していたので、地元型をよく使っていました!

でも、ハズレもあるの?

正直、完璧なサービスってないですよね。就活エージェントにも、一部デメリットもあります。

  1. 紹介企業:契約している企業しか紹介されない
  2. 受動的になりがち:自分で企業を探す力が弱くなる可能性
  3. エージェントの質:当たり外れがある(でも、これは後で対策する方法!)

つまり、エージェントは強力な味方だけど、完全に頼りになるのはNG。自分の目と足で企業を見る努力も必要です。

賢い使い方のコツ

エージェントのメリットを最大限に活かすコツをご紹介します!

複数のエージェントを使う:偏りを減らし、エージェントさん選びにも◎
自分の軸をしっかり伝える:「なんでも紹介して」はNG。価値観を明確に決めておく
紹介企業は自分でも研究する:エージェントの情報をもとに自分でも掘り下げる
納得するまで相談する:遠慮はせず、疑問や不安は何でも聞いてみる

まとめ:新卒エージェントを使って、自分らしい就活を!🎓

いかがでしたか?エージェントは、上手に使えば最強の味方になります。

特におすすめなのが、新卒に特化したエージェント!

新卒エージェントの魅力

学生の気持ちをよく理解してくれる(最近まで学生だったスタッフも多い)

新卒採用のトレンドについて詳しく知っている

「こんな仕事をしたい」・「こんな環境で働きたい」。その思いを、最大限尊重してくれます。

就活って、本当の自分と向き合う旅。その旅路に、心の強い仲間(新卒エージェント)がいれば、きっと自分らしい道が見つかるはず。

「使わない方がいい?」なんて、もったいない!上手に使えば、活力が段違いに上がります。

みんなの就活、応援してます!頑張ろってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

社会人1年目
・簿記・FP2級保持 つみたてNISA1年目
・大学3年生でホワイト企業事務職に早期内定

20代女子の生活がいつもより少し賢く・楽しくなる工夫を発信します!

コメント

コメントする

読みたい所をタップ!